4年 宿泊学習 2日目

7月26日(火)

4年 宿泊学習の2日目。

DSC00561

ヤシの実で甲板をゴシゴシ。

「わっしょい」のかけ声が小さいと注意が飛んできます。

DSC00568

毛布やシーツの畳み方もていねいに指導していただき、ずいぶんうまくなりました。

DSC00570

よく働いた後の朝ごはん。

DSC00577

DSC00587

ロープの結び方や手旗信号を体験しました。

覚えられたかな。

DSC00637

下船式。船員の一員として、よく頑張りました。

DSC00665

帰校式にて。一段とたくましくなった2日間でした。

お土産話いっぱいで、解散です。

4年 宿泊学習 1日目

7月25日(月)

4年生は、海王丸へ1泊2日の宿泊学習。

二上浄化センターで下水処理の学習をしました。

DSC00438

直径2mの下水道管。

らくらく通れます。

DSC00445

この機械から、微生物に空気が送り込まれているんだね。

DSC00454

微生物が処理中の水は・・・   茶色!

DSC00482

海王丸に到着。大舵凜輪の前で宣誓。船の一員です。

DSC00513

DSC00498

スリル満天のマスト登りやカッター訓練。

DSC00528

がんばった後のカレーライスは、最高。

夜は、ぐっすり・・・

 

1学期 終業式

7月22日(金)

1学期終業式と授賞式を行いました。

活躍を全校で称えました。

DSC00384

代表児童が「1学期に努力したこと」「学級の素敵紹介」等の発表を行った後、

DSC00392

校長から、1学期に素敵になった5つの『あ』について話がありました。

「あいさつ」「あとしまつ」「あったかことば」「あんぜん」「あきらめない」

DSC00397

1学期に東五位っ子が伸びた『あ』です。

DSC00413

安全で楽しい夏休みにね・・・

保護者会・学年懇談会

7月21日(木)

本日は1学期末の保護者会・学年懇談会。

子供たちの1学期の様子をお伝えし、夏休みに向けて懇談しました。

DSC00370

家でちゃんと褒められたかな。

夏休みはすぐそこ。

がんばれ東五位っ子。

地区別児童会

7月15日(金)

今日は、学期末の地区児童会。

1学期の登下校の反省や夏休み中の楽しい行事、ラジオ体操の日程などを確認しました。

DSC00342

DSC00347

DSC00350

1学期も残りわずか。

安全に気を付けて、楽しい夏休みを迎えたいですね。

防犯教室

7月13日(水)

1~3年生の防犯教室を行いました。

防犯協会、スクールガードリーダーのみなさんをお招きし、お話を聴きました。

DSC00320

自分の身を守るのは自分。

防犯ブザーの正しい使い方も教わりました。

DSC00328

「ひとりにならない」

「ついていかない」

「大声でにげる」

3つのポイントを再確認しました。

DSC09223

犯罪に巻き込まれない大切なことを学んで、夏休みはすぐそこ。

安全で楽しい夏休みになりますように・・・

町探検 紹介したよ

7月12日(火)

2年生は、町探検で調べたことを1年生に紹介しました。

それぞれの地域で、有名なところや自慢できるところを発表。

絵や文をていねいに書いたのがよかったようで、分かりやすい発表になりました。

DSC09161

DSC09191

自分の住んでいる町内だけでなく、他の地域について知ることもいい勉強です。

東五位校区に、より愛着が生まれました。

安全感謝の集い

7月7日(木)

今日は、七夕。

学校では、「安全感謝の集い」が開かれました。

日頃お世話になっている見守り隊の方々をお招きしました。

DSC00256

日頃の感謝の気持ちを言葉や態度で伝えました。

全校ゲームでは、「ドラえもんジャンケン」をしました。

DSC00273

DSC00278

DSC00279

話し合ってポーズを決めたり、一緒に動き回ったりして、とても盛り上がりました。

DSC00290

1年生は、元気の出る歌のプレゼントをしました。

DSC00280

3年生は、気持ちのこもった手紙を贈りました。

DSC00288

4年生は、暑い季節にピッタリのうちわをプレゼントしました。

いつもありがとうございます。

子供たちの安全・安心のために、今後ともよろしくお願いします。

美術館!?

7月5日(火)

版画「孵化(金の卵・銀の卵)」をご恵贈いただきました。

DSC00202

「シルクスクリーン技法」による作品です。

DSC00203

よく見ると、色とりどりの卵の奥には、様々な胎児の姿が刷り込んであります。

どんな命も、生まれるときにはそれぞれ可能性あふれる「金の卵・銀の卵」なのですね。